タグ別アーカイブ: スキンケア

ニキビの原因と自分の肌質を知ることが大切

中学生のときからニキビが出来やすくなった私。
思春期のニキビはおでこに集中していたので、とにかく余分な皮脂を除去しようと、ニキビケア洗顔で朝、昼、晩洗い、薬用化粧水で毛穴を引き締めていました。
しかし、なかなか自分に合った化粧品が見つからず、色んなメーカーのものを使っては辞めを繰り返していました。とにかく、ニキビの炎症を抑える・アクネ菌を除去するなどの表記があれば、片っ端から試していました。
成人を迎える頃にはおでこのニキビは自然とほとんど出来なくなりましたが、ずっと同じニキビケア化粧品を使い続けました。

しかし、次はおでこではなく頬や顎にもニキビが出来始めました。体の内側からケアをしようとしてサプリメントを色々と試しましたが改善せず。
なかなか治らなくて、自分に自信が持てなくなりました。
そんな中、ある日デパートの化粧品売り場で肌診断をしたところ、かなりの乾燥肌と診断されました。
水分がなく、毛穴が開いている状態。乾燥を補うために余計に皮脂が出ていると。
でも自分の肌は脂性肌だと思っていたので驚きました。

乾燥でニキビが出来ていたとは。
それをきっかけに、洗顔の回数を減らし、保湿性が高い化粧水を使い始めました。
半信半疑で乳液も使ってみました。

すると、皮脂が減りニキビも徐々に減っていきました。
ニキビにもいろんな種類があるので、まずは自分の肌質と状態を知り、それに合った化粧品を使うことが大事だと学びました。

ニキビケア化粧品を使って良かったことは、化粧品の成分に詳しくなったことです。
悪かったことは上記の通り、使い方もありますが乾燥したことです。なんとなく、ニキビケア化粧品は全体的に乾燥しやすいイメージがあるので、保湿力が高い商品をもっと早く使っていればよかったと思います。
jitte+がいい理由は?