写メで気が付く激太り、ダイエットを決意しました

あたしは生まれてから中学校までは自宅くらし、ハイスクール三通年は寮人生、キャンパス進学と共に上京、初めての独り暮らしを始めた。ハイスクールまではだれかの運営下にいた生活を送っていたそのリアクションでか、独り暮らしになったとたん食欲が倍加。毎日3合の炊き立てごはんを食べ、居酒屋でのパートのまかない食べ放題で真夜中にフライドポテトなどを胃腸がいっぱいになるまで食べる人生をしたところ、完全ウェイトから約通年10移動増。しかし身は通常自分のことを見ているためかすぐには太ったことに気付くことができなかった。但し、ある日そばとの飲み中にスマホで写メを撮る機会があった。あたしはなにも考えずに面白く収録をし、専ら帰路についた。帰郷引き返し落ち着いてからちょっと撮影した写メを確認した辺り、ぱんぱんの形相の自分がそこにいた。写メというマスコミを通じて、はじめて客観的に今の身を見ることができたのだ。あたしは唖然とした。身は今まで細かいと思い込んでいたからこそ到底自分がデブになるなんて、という。そこからウェイト集計にのぼりウェイトも自分が太ったことを確認し、減量を決意した。
痩身を決意した時はお産を3回経験した後に父親といった小児といったお風呂に入った時期、お前の後ろ姿が鏡モチ同様ってバカにされた事で痩身を気力しました。その上笑われ、暫く鏡モチと呼ばれた旬があり、さすがに気になったわたしは、痩身を気力しました。自分の背中を鏡で見て、合意はしましたが、とにかくもどかしい精神が込み上げ、父親にギャフンという言わせてやるーって女心に火がつきました。デイリー欠かさず人体を取り回し運動したり、プールに通い詰め込みたり、減量したりしてやせる開始をしてる中途、もう一度父親の追い討ちをかけられるコピーを言われ、テレビジョンに起こる仕様君や、俳優が出る度に、お前には無理強い無茶だろうなと笑われ、出掛けた先も型の良い女性がいると、お前もあの子みたいになれよと言われ長期間バカにされたお陰で痩身心に却って火がつき、見事に大成功しました。お陰でくんで今は体つきを維持し、父親の方が痩身必要なのでは?といった父親がわたしとしてきたように、あのタレント君の腹筋素敵だね!いかにもクライアントには無理でしょうね〜と笑って仕返ししてますよ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です