ライティングにまで拘った私たちの結婚式

当方がウェディングで大変だったことは、それほど誰もがやったことのないオリジナルなウェディングに拘りたかったので、
マネジメントからBGMなどのタイプインナーのすべての調整や、
式場折のデコレーションから、売り物の位置ポイントなど、ウェディングのオールをほぼ当方自身でつくり上げたことです。
それでは、入り口の飾り付けから、式場の中の飾り付けまで当方自身の手で行いました。
各食卓のデコレーションや部位、新郎新婦です当方が腰掛ける椅子、食卓などのデコレーションから、
備え付けだったバーカウンターの花装飾などもオール当方で決めました。
司会の奴の取り扱うマイクやマイクスタンド、食物に使っていただく食器やコップにもさりげなく私たちのことをメリット出来るような貼って剥がせるステッカーなどを貼らせてもらったりして一時間加えました。
明かりのチャンスやBGMによってライトアップを変えてほしいなども、式場の人員の奴って事細かに打ち合わせをして、入場から敗走までの手続きも当方自身で決めました。
お色直しなどで当方が機会を空けるチャンスのマネジメントも人員の方にお願いしてシアターなどを流してもらいました。
引き出物や引き出物を添えるカバンなども当方自身でオール変化。
私たちのウェディングをメリット出来るようにという荷拵えペーパーやカバンにも一時間加えて作りました。
婚礼ボードや、図書はわたしたちで出し、食物の食事前面や二次会の提示のカードなども当方自身でパターンを考えさせてもらい、それを人員の方にカタチとしてもらいました。
タイプまで時間も掛かり、オールをオリジナルに定める事は心から大変でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です