今はだいぶ落ち着いていてよその家の人には褒められますが0歳〜3歳くらいの頃は本当に大変だった

現在5歳の娘がいます。

5歳の今はだいぶ育児は落ち着いていて特に初めてのよそのお家にお邪魔したりすると回りからは「お利口だね」と言ってもらえます。

でも0歳〜3歳くらいの頃は本当に大変でした。

新生児の時なんて育児本を初め母子手帳にまで3時間おきの母乳(ミルク)の時間以外はほとんど寝ていると書いていたのにもかかわらず、うちの子はずっと起きていました。

まだオッパイの飲み方が下手で上手く飲めないから頻回授乳で度々泣かれ、乳首も痛くて毎日大変でした。

首が座ったころから突然私以外には大泣きするようになり、特に主人には一切無理だったので息なんて抜く暇はありませんでした。

体は至って健康で何よりですが、とにかくよく泣く子でことあるごとに大泣きていました。

日に何度泣いたか記憶にありません。

夕方くらいになるともう泣き声は聞きたくなくなってきて心身共に参りました。

1歳になって今度は人見知りが始まり、今まで遊んでいた慣れたお友達のお家でもお邪魔した途端1時間火をつけたようにぶっ続けで大泣きです。

公園に行っても人が増えてくると帰りたい自転車に乗せてくれとせがまれ、正直公園で世界を広げたかったのですが結局2人だけの世界から出れぬままのストレスたまり放題でした。

2歳に近づくにつれ公園でもだいぶ人と遊べるようになりましたが、今度は魔の2歳児の始まりです。

何においてもイヤイヤ攻撃です。

噂には聞いていたので最初は優しい目で見れましたが、日に日にエスカレートしていく娘に付いていけずこちらも本気で怒ってしまいますし、向こうも前にも増して本気で泣いて反抗してきます。

途方に暮れた日々でした。

育児ってこんなに孤独なの?と泣きそうになりながら娘の手を引き外を宛もなく歩いていたこともありました。

5歳の今も結局以前と同じようなことで未だ泣いていて頭を抱えることもありますが、それでも0〜3歳の時に比べると天使にしか見えません!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です