AT車にはサイドブレーキは必要?

AT車にはほとんどサイドブレーキは要りません。しかし、AT車に乗っている人は、サイドブレーキの本当の使い方を知っておく必要があります。

AT車にはサイドブレーキは必要です。基本的にはAT車でサイドブレーキを使う必要はありません。AT車ではPレンジに入れるだけで、タイヤをロックすることができます。MT車はPレンジというものがないので、必ずサイドブレーキを引く必要がありますね。私自身も基本的にはサイドブレーキというものは使用しません。なぜかと言うと、別にサイドブレーキを引かなくても、ミッションを通してタイヤをロックしてくれるからです。ではサイドブレーキというのは、一体どのような時に使うのでしょうか?

基本的に使う事はありません。ただし、唯一使う場所があるとすれば、山道を降りている途中に、フートブレーキが使用できなくなって、止まれないという状況になった時です。この時は、AT車の場合は無理にPレンジに入れても構いませんが、ATが壊れてしまいます。ですので、サイドブレーキを引きましょう。サイドブレーキを引くときは一気に引くのではなく、ゆっくり引きましょう。一気に引いてしまうと、車がスピンする可能性があります。気を付けてください。あと、使用する機会があるとすれば、坂道で車を止めるときに、気休めとしてサイドブレーキを掛けておくことです。AT車に乗っている人は、知っておいてください。

キレイモ新宿本店はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です