肥満になるとまずかかりやすくなるのが高血圧、高脂血症、糖尿病などの生活習慣病

最近は、日本人でも肥満になる人が少なくなりません。幾つかの疾患は肥満が原因だと言われています。年を取るごとに、人体の筋肉や骨の量は減少し、体を保持することが難しくなります。

肥満になると、ただでさえ加齢で減っている骨や関節に重みがかかりやすくなり、関節の痛みへと発展します。体重を支える骨や関節は、肥満などで負荷が大きくなれ転びやすくなり、骨折の原因になります。

肥満は高尿酸血症から痛風を招いたり、脂肪肝やすい炎を促進したり突然死の原因になる睡眠時無呼吸症候群の原因になったりもします。肥満は、大腸がん、前立腺がん、乳がん、子宮がんなどの様々ながんの原因になることもあることが問題になっています。

肥満になるとまずかかりやすくなるのが、高血圧、高脂血症、糖尿病などの生活習慣病です。肥満になると起きやすいメタボリックシンドロームは、生活習慣病の原因となります。

動脈硬化リスクが高くなるので、生活習慣病は早めに対策すべきですが、そのためには肥満対策が必要です。心臓や脳を傷つけて命を落としてしまうようなことにならないように、早くに対策を講じましょう。

日本人は欧米人と違ってインスリンの分泌能力が低いので少し肥満になっただけで生活習慣病になりやすいので気を付けなければなりません。しっかりダイエットに取り組むことは、肥満が原因で起きる様々な疾患に対する対策になります。
こちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です