練習場での練習方法

練習場での『練習方法』としては、毎回、テーマを決めて『練習』するのがオススメです。

ただ数を打つだけでは、肘や腰、膝などを痛めてしまいます。

一般的には、一回の『練習』で100球ほどを打つというのが適度な練習量です。

でも、その100球を何となく打つのではなく、目標を持って打つことが上達に繋がるでしょう。

例えば、10球を全力で打ち、フックとスライスをそれぞれ10球ずつ打ち、高い球、低い球、距離を変えてと打ち分けるようにします。

また、コースにいることを想定して打つと、集中力が増して効果的に『練習』できるかもしれません。

いくら『練習』しても、コースでその成果が出なくては意味がありませんから、いかに実戦に役立つような『練習メニュー』を組めるかが上達の鍵となります。

今の自分に何が足りないのかを考えて、『練習メニュー』を組むようにしてください。

『練習』の最後には、自分の得意なことを全力の七割くらいの力でやるようにして、すっきりとしたいい気持ちで終わるようにすることも大切です。干渉波EMSパーフェクト4500ホットの口コミ、評判は?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です