父親が薄毛で遺伝を過度に気にしたり

男性に多い髪の悩みといえばやはり薄毛です。薄毛を気にする男性はかなり多いようですが、実は薄毛を気にする男性の3割は頭髪を気にかけすぎる思い込み薄毛だといわれています。

頭髪には一生のサイクルがあり、正常な場合2年から6年の成長期を経て毛球が退化して脱毛します。成長期が終わった髪は自然と抜け、再び毛が再生していきます。

男性型脱毛症は、部位によって新しく生えた毛が1年程度で抜けおちてしまうもので、特に頭頂部と生えぎわが薄くなります。髪が1年ぶんしかないので髪の量がふえませんし、太く長く伸びることができる余地がないため、髪がいつまでも少ないままです。

確かに薄毛で悩む男性は、お金がかかっても治療したいと思うでしょう。ただ髪はフサフサなのに治療を受けたがる男性もたくさんいるのです。正常な頭髪にもかかわらず治療をしようとする人の多くは若い人だといいます。

父親が薄毛で遺伝を過度に気にしたり、洗髪時に抜けた髪を数えるなど強迫的な傾向があるといいます。うつ症状が出るほど薄毛について悩みを抱いているという人もいて、ヘアケアではなくメンタルケアの方が求められている方も以外にいるようです。

人によっては、心療内科に行くことで薄毛の悩みがなくなる人もいます。人によっては、髪の量をふやせば薄毛の問題が解決するというわけではなく、心の持ち方に本質的な問題が存在していたりします。
こちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です