未来を作る

コンピュータプログラムのような明朗なひらめきはあまり必要ないかもしれないと思われた。
大事なことはただ流れに乗せるということであった。
それさえできればテッドはこんなに頭を悩ませなくて済むだろうと考えたのであった。
大きなものはそれだけ難しい、中くらいがちょうどいいのであるがそれもなかなか見つけづらいというのが現状である。
やはりそんな甘い話はないのだと思い知らされたのであった。
はっきり言って彼は異常である。
肝心な部分は当然話さないわけだが何らかの秘訣があるのだろうとテッドは考えていたのだった。
一体どうやって?
考えていてもわからないが一つはシステム化ということだろう。
これにはそこそこ金もかかるがそれでもやっていかなければならない案件のように思われたのであった。
ではこれからの時間はどうすべきだろうか?
まず一つに書き出す作業というのが重要になってくるだろう。
それをすればあとは反映するだけなのであるから楽であるといえよう。

えんきんキャンペーン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です