家政婦のミタについて

家政婦のミタ。
これは、2011年に放送されていたテレビドラマのタイトルです。
当時大学生だった私はこのドラマが好きで、毎週欠かさず見ていました。
この作品は視聴率がとても良く、最終回は40%を超えるなど、大きな話題となりました。
私はストーリーも面白くて好きでしたが、出演者の演技にも注目していました。
今回は、2人の出演者について書いていきます。
まずは主演の松嶋菜々子さんです。
主人公の家政婦を演じていた彼女には驚きました。
今までの役柄とは異なり、冷淡で無表情のキャラを演じていて怖いくらいでした。
それと同時に演技力の高さにも感心し、改めて彼女のことが好きになりました。
次に、本田望結ちゃんです。
当時小学校低学年くらいだったでしょうか。
まだ小さいのに驚くほど演技が上手で、こんなに凄い子役がいたのかと、ビックリしました。
その一方で、まだまだ子どもっぽさもたっぷりで、とても可愛く、毎回癒されていました。
最終回の一部はアドリブだったそうですが、涙を流しながら演技をする彼女を見て私も泣いてしまいました。
色々心に残ることが多いドラマだったこのドラマ。
再放送されることがあれば是非見たいと思います。
フィジーウォーターの口コミをチェックしてみた

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です