家庭用ロボット「ロボリア」

引越しに詳しいサイト
愛知県で行われた万博『愛・地球博』では、いろいろなロボットが見られて、将来はロボットがいる生活が当たり前になるのだろうと思っていましたが、家庭の防犯カメラの世界にようやくロボットが登場しました。
『ロボリア』というお留守番ロボットだ。
ロボリアを作ったテムザックという会社は、今もさまざまなロボットを開発しており、ロボリアは家庭用のロボットとして開発されました。
ロボリアは、丸っこい体つきで大いに可愛い形をしています。
顔にあたる部分にはカメラが取り付けられてあり、ここから表す映像は携帯電話で探る事ができます。
子供が留守番している時には、外出先からその様子を見分ける事ができますから、安心ですね。
マイクがついているので、携帯電話との会話も出来るんですよ。
設置型の防犯カメラと違って、ロボリアは携帯電話で操作を通じて動かすこともできますから、立ち回るペットを掘り起こす事もできますね。
また、いろいろな機能もついていらっしゃる。
お出かけモードによるといった、家の中に誰かが入ってきたことを察知するといった、携帯電話に知らせてくれますから、携帯の画面で確認することができます。
一人暮らしの女性や留守がちの家庭には、頼もしい機能ですね。
一般的な防犯カメラは、監視されているという意識が強くなりますから、家庭内にとりつけるのには抵抗があります。
しかし、そういったロボットが家庭に普及されたら、防犯対策はもちろんのこと、安心して外出できるのではないでしょうか?価格は30万円ほどするので、一般家庭には些かおっきいすぎますね・・・しかし、近い将来『一家に1台ロボリア』の時代が来るかもしれません。
楽しみですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です