キャピキシルという育毛方法

海外からきた育毛剤
キャピキシルは、第一三共ヘルスケアの発毛促進薬で、NFキャピキシルというのが正式名称です。カルプロニウム塩化物を2%配合している他、カシュウチンキ、ヒノキチオール、チクセツニンジンチンキを配合しているのが、キャピキシルの特徴になります。また、ワンタッチ計量ノズル容器を採用していて、一回の使用量である2mlが正確に量れるのが便利です。それに、ノズルがシリコンゴムのマッサージヘッドになっていて、塗布しながら頭皮マッサージをすることができます。手を汚さないで頭皮マッサージ効果が得られるのは、すごくいいと評判の新ノズルです。キャピキシルの効果・効能としては、壮年性脱毛症、円形脱毛症、びまん性脱毛症、粃糠性脱毛症による脱毛・抜け毛の予防、育毛、発毛の促進となっています。つまり、頭頂部が目立つ薄毛だけでなく、生え際や分け目が目立つ薄毛など、様々なタイプの脱毛症への効果が期待できるのです。しかも、男女兼用となっていて、産後の脱毛にも効果があるといわれています。頭皮への刺激を極力抑えるために、アルコール濃度を50%にしているのも、キャピキシルの特徴の一つです。キャピキシルは医薬品ですから、それだけ厳しい審査基準を通っており、きちんとした臨床結果によりその効果が裏付けられています。髪の毛の状態が最も安定するように、4.7前後のpHになるように設計されているので、キャピキシルを使うことで、頭皮を発毛しやすい環境にすることができるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です